グルメ

リュウジさんのラーメンレシピの変わり種「らー飯」実食、〆に簡単!

目安時間 5分

リュウジさんのバズレシピ、サッポロ塩らーめんとご飯の組合せ「らー飯」、〆にぴったりでしたよ(^o^)

 

レシピと作り方をご紹介しますね。

〆にインスタントラーメンだけでは物足りないときは、ご馳走として作ってあげると喜ばれます。

らー飯は、想像したことなかった組み合わせ!
盛り上がりますよね。

それがとってもコスパで
おいしく簡単にできちゃいます。

これがリュウジさんのバスレシピ!

Twitterのフォロワーも100万人突破したっていうから人気理由も分かりますよね。

では、らー飯のレシピと作り方をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

リュウジさんの〆料理「らー飯」レシピご紹介!

はじめに、サッポ塩らーめん砕いておく!

リュウジさんのレシピ「らー飯」

  • サラダオイル:大さじ1
  • 豚こま:60g(適当に細く切る)
  • サッポロ塩らーめん:1袋(袋の上から細かく砕く)
  • 水:150cc
  • 温めたごはん:100g
  • たまご:2個
  • 黒コショウ:少々
  • 小ねぎ:少々(小口切り)

作り方

スポンサーリンク

上記レシピの順に調理すればOKです。

 

  1. フライパンを熱し、オイルを入れ、豚肉を少々焦げ目がつくぐらいしっかり炒めます。

  2. 砕いたラーメンを追加し炒め、水を入れ、一旦火を止め蓋をし、2分待つ。

  3. らーめんが水分を吸収してくれるので、ご飯を入れて火は弱めで炒めます。

  4. 付属の塩らーめんスープを加え、全体によくなじませ、真ん中にスペースを開けて、たまごを2個割って落とします。

  5. 蓋をして、弱火で4~5分、たまごが半熟になれば完成です。

盛り付け

皿に盛ったら、黒胡椒と小ねぎをを散らします。

付属の切り胡麻もふりかけてます。
コレで盛り付けも完成です。

香りと味が想像できますよね。

 

リュウジさん曰く
「らー飯」サッポロ一番らーめんばかりではなく、サッポロ一番味噌らーめんでも作れる。

野菜を入れたければ、キャベツ、きのこ類、何でも応用OK

【参考】リュウジさんのバズレシピ(らー飯)

 

と・・・、
そこで野菜を入れて作ってみました。
想像のとおり美味しかったですよ♪

リュウジさんの「らー飯」野菜を入れて作ってみた!

出来上がり間際にたまご2個落として蓋をして、弱火で4~5分蒸煮する図
出来上がり間際にたまご2個落として蓋をして、弱火で4~5分蒸煮する。
らー飯の完成!画像
らー飯の完成!

使った野菜は、キャベツ2枚としいたけ2個です。

豚こまを炒めたところで野菜類を追加しました。

普通ならキャベツから水分がでてベタベタするところですが、砕いたらーめんが野菜の水分まで吸い上げてくれるので、ご飯はパラパラしています。

26cmのテフロン加工のフライパンで丁度よい分量になりました。

上図は、直径30cmの大皿にらー飯を盛り、直径16cmの小皿に取り分けた画像です。

こりゃ3人分だわ!
と・・・

結局は、おいしくて2人で完食でしたw

反省! 「らー飯」もっと美味しくたべれたかも><;

それは、たまごが問題!
リュウジさんの「らー飯」は、白身も黄身の生が多いぐらいの半熟でした。

ところが私ったら、しっかり目の半熟に・・・
ガラス蓋のうえからチェックを欠かさなかったんですけどね。

らー飯をもっと美味しく食べれたかと思うと、ちょっと残念です(ノД`)シクシク

また、らー飯は、サッポロ一番塩らーめんの調味料だけしか使っていませんが、サッポロ塩らーめんのスープは、結構塩が効いています

野菜類を加えても、他の調味料を足さなくてもよいぐらいです。

ただ、塩分控えめにとドクターストップのかかっている方は、味を見ながら調整が必要と思いました。

 

 

↓↓↓

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ドンマイ! カイナ
ドンマイ! カイナ

1940年生まれ、O型の私、主婦の立場で生活に役立つ情報を発信しています。人生ドンマイ! なにごとも楽しみながら過ごせたらうれしいですね。これからもよろしくお願いいたします。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

 最近の投稿
  よく読まれている記事
  アーカイブ