キャベツの冷凍保存はいつまで?保存方法と保存期間と日持ちのコツ

野菜

気になることといえば、
キャベツの冷凍保存はいつまで?
ではないでしょうか?

約1か月が目安がですが、

できれば、冷凍保存したものは、何か月も保存できたらいいですよね。

しかし、どんな性能のよい冷凍庫でも、開閉頻度、新しく入れる食品の量や温度などで庫内は常に変化し、食品の劣化が始まっています。
なので、過信は禁物です。

キャベツのレシピは簡単なものが多く家族に喜ばれる一方で、
冷蔵庫内で切り口が黒くなったり、茶褐色になったりして、使えないこともありますよね。

それでは、あまりにもったいない!

キャベツは、冷凍はもちろん、常温・冷蔵・漬ける・干すといった保存ができる食品です。
新鮮なうちに無駄なく、保存すれば家計の助けになりますので、
保存方法や保存期間、日持ちのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

キャベツ選びと栄養を捨てないポイント

キャベツ選びのポイント

はじめに、キャベツを選ぶポイントをお伝えします。

  • 外側の葉の緑色がはっきりしている
  • 持ったとき、ずっしりと重さが感じられる
  • ひっくり返して切り口が変色していない

経済的なら、丸ごと買うのがお得です。
無駄にしないで使い切るコツもお伝えしていきますので丸のままを選んでくださいね。

キャベツの栄養分を捨てないポイント

キャベツの芯を捨てていませんか?

芯はキャベツが成長するための栄養の貯蔵庫、芯は捨てないで食べるのがポイントです。

ただ、芯は時間がたつと葉の養分を吸収してしまうので
早めに芯から調理してくださいね。


新鮮なうちにキャベツのサラダやキャベツのスープなどにすると
柔らかく甘いのでおいしく食べれますよ。

すぐ使わないときは、冷凍保存もおすすめです♪

キャベツの常温保存 保存期間と常温保存のコツ

キャベツの常温保存は、
芯は時間がたつと葉の養分を吸収してしまうので
包丁でカットし、濡らしたティッシュを詰めておきます。
これがキャベツを日持ちさせるコツです。

芯は、新鮮なら、柔らかですが
時間経過で固くなります。
こうなっては、いくら栄養の宝庫としても食べれません><;

新聞に包んで芯を下にし、冷暗所に保存します。
キャベツの葉は、外側から剥いて使い、
使うたびにティッシュを交換しておきます。

保存期間は、3~4日
常温保存は短いので、早めに冷蔵庫へ移すことをおすすめします。

キャベツの冷蔵保存 保存期間と冷蔵保存のコツ

キャベツの冷蔵保存 保存期間は?

キャベツの冷蔵保存は、野菜室が最適です。
保存期間は、2週間が目安です。

キャベツの冷蔵保存のコツ

常温保存と同様に、芯をくり抜き、濡らしたティッシュを詰めておきます。
次の料理に使うときまでティッシュは交換しなくてOKです。

冷蔵庫の野菜室に保存するときは、
キャベツを新聞紙に包んでポリ袋に入れ、
口は軽く閉じるのがポイントです。

葉を使うときは、外側から順にはずして使います。

キャベツの冷凍保存のコツ 

キャベツの冷凍保存 保存期間は?

キャベツを冷凍した場合の保存期間は約1か月が目安です。
冒頭でもお伝えしましたが、

茹でて保存するより生のまま冷凍保存したほうが保存期間は短くなりますので付け加えさせていただきますね。

キャベツの冷凍保存のコツ

スポンサーリンク

調理しやすいように、料理のイメージに合わせて
キャベツをカットしてから、冷凍するのがコツです。

キャベツのサラダは簡単で洋食風にもなりますし、
豚肉の味噌炒めで中華風にしたり、
キャベツツナパスタでイタリアン風にしたり、
キャベツ豚肉鍋や味噌汁で和食にと、

冷凍キャベツは、このような多くの料理がすぐできるので
主婦の味方です。

キャベツの粗切り(ざく切り)を冷凍保存する

キャベツの粗切りは、
焼きそば、回鍋肉(ホイコーロー)、パスタ料理にと挙げたらきりがないくらい多いです。

冷凍キャベツは、
ほぼ味が変わらないという利点があり、
急いで調理するときはほんとに助かりますよ。

キャベツの千切りを冷凍保存する

キャベツの千切りは、冷凍に向いています。
ちょっと切るのが面倒な千切り。
とんかつの付け合せに、多めにつくって
冷凍すれば、コールスローなどに利用できます。

キャベツのシャキッとした食感は薄れますが、
もともとコールスローは、キャベツに塩をふり、
しなやかにした料理。
違和感なく、おいしく、時短で調理できます。

1/8にカットしたキャベツを保存する

ポトフやスープに大きめにカットした料理には
冷凍キャベツは、甘みよく、味のしみ込みが早く、
やわらか・時短で調理ができるのでおすすめです。

美味しさのポイントは
キャベツを急冷すること


それには、金属トレーを使えば急冷できます。
急冷したら、トレーから外し
冷凍保存袋に入れて保存します。

キャベツの冷凍保存 メリットとは?

  • 解凍しないでそのまま調理できる
  • 火の通りが早いので、時短調理ができる
  • 無駄にしないキャベツの使い方ができる

そんないい事ずくめのキャベツ冷凍保存ですが

凍ったまま調理するので、事前にキャベツを洗うことも忘れないでくださいね。

キャベツの収穫時期と安心な食べ方

キャベツは、
旬の時期や新鮮なものを選ぶと、
もっとおいしく、栄養価の高い、
日持ちのよいキャベツを選ぶことができます。

キャベツの収穫時期

春キャベツは、3~5月に出回ります。
みずみすしくて、柔らかく栄養成分も豊富です。

秋(11月)から冬(2月)にかけて収穫されるのも甘くて美味しいです。

淡色野菜の 中でも 最もビタミン C が多いのがキャベツなんですね。
ビタミンUも含まれているので、食べると元気がでますよね。

ちなみにビタミンUは、胃腸薬で有名なキャベジンの成分です。

キャベツの安心な食べ方

キャベツは害虫駆除のため農薬が何回も散布されていますので注意が必要です。

外葉は1~2枚は取って捨てます。

葉は良く洗います。

生で食べるときは、切ってから水に5分ほどつけておくとより安心です。

まとめ

キャベツは、冷凍・常温・冷蔵庫で保存ができることをお伝えしました。
その他にも今回お伝えしていませんが、漬物にしたり、干して保存する方法もあります。

キャベツの保存で注意することは、
キャベツの芯をくり抜いて日持ちをよくすること。
キャベツの葉の芯は栄養分が豊富なのでなるべく料理に利用すること。
農薬の心配があるので、外葉は1~2枚はとって捨てることです。
でしたね。

メリッットは、
冷凍することでキャベツの保存期間はぐ~ンと伸びるので
キャベツを丸ごと購入しても無駄にならず家計に優しいことがあげられます。

キャベツの芯をくり抜くのは
面倒かもしれませんが日持ちがよくなるので
ぜひやってみてくださいね。

【参考文献】
もっと野菜を、生のままベジ冷凍
食品の保存テク

スポンサーリンク

コメント