かぼちゃのβ-カロテン3.5倍にする方法 日持ちと保存法のご紹介

野菜
CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

かぼちゃのβ-カロテン3.5倍にする方法
日持ちと保存法と種・ワタ・皮についてご紹介しています。

かぼちゃは煮ても揚げても美味しい食べ物ですが

1つが大きかったり、
皮が硬かったりで扱いにくい点もありますよね。

ですが、

強い抗酸化作用があり、
様々な健康への働きが報告されたお助け野菜でもあるのです。

とくに女性にとっても美容にと
種もワタも皮も食べなくてはもったいない緑黄色野菜なんですよ。

スポンサーリンク

かぼちゃのβ-カロテンを3.5倍にするには?

カボチャ1コ丸ごと画像

かぼちゃのβ-カロテンを3.5倍にするには?

収穫したばかりのカボチャは、まだ未熟なんですね。

生のまま、まるごと常温保存で追熟し、完熟させると、
収穫の3ヶ月後には、
β-カロテンがピーク、3.5倍に、
目を守るルテインは4倍にもUPします。

夏に収穫されたばかりの かぼちゃを手に入れたときは、
食べたいのを我慢して、βカロテン、ルテインを引き出してください。
また、デンプンが糖に変わるので甘みも増し、おいしくなります。


追熟の方法は、まるごと切らずに
10~15℃の直射日光が当たらない風通しのいい場所に置きます。

完熟のサイン
ヘタにヒビが入り、皮の色がオレンジかかってきたら完熟した証拠です。

注意することは、
追熟中にヘタがやわらかくなったり、
カビてきたりすることがあります。

こんなときは、中止してできるだけ早く食べてしまいましょう 。


なお、スーパーなどで売っている かぼちゃは、
追熟済がほとんどです。

β-カロテン、ルテインが豊富なので、
てんぷらに煮物にと、どんどん活用してみてくださいね。

カボチャを日持ちさせる方法とは?

カボチャ1/4カット画像

かぼちゃを日持ちさせるには、
買ってきたら、できるだけ早く、種とワタを取り除きます。


なぜなら種とワタの部分は水分が多いので
かぼちゃの腐れが始まります。

カボチャの保存方法とは?

また、 かぼちゃの保存方法ですが
スーパーなどで売られているのは1/4カットのカボチャなら、

種とワタを取ってから冷蔵庫の野菜室で保存します。
日持ちは4~5日と、結構短いです。

さらに使い切れないときは、
生のまま冷凍でもOKです。

このときは、使いやすい用途にカットして
小分けし、空気を抜きながらラップし、
フリーザーパックに入れて保存します。

日持ちは10日程度、
長めなので少し安心ですよね。

スポンサーリンク

ただ、冷凍したときは、解凍しないで調理することがおすすめ
ぐちゃぐちゃになることを防げます。

かぼちゃの種・ワタ・皮は捨てないで!

カボチャ煮の画像

夏の緑黄野菜の代表 かぼちゃは、
β-カロテン、ビタミンC、食物繊維が
バランス良く含まれています。

その成分は大地の奇跡ともいわれているほどです。
なので、 かぼちゃの種やワタ、皮に至るまで、捨てたらもったいないです。

私の場合も、 かぼちゃを煮るときは、種とワタも一緒に煮ます。
もちろん皮付きです。

種もワタも食べちゃいます♪

煮たかぼちゃの種を食べるときは、つるんとして食べにくいですが、
歯でポチッとすると割れめができるので 小さな実だけをたべます。
硬い殻はすててくださいね。

けっこう美味しいですよ。

よくバーで
おつまみとして煎ったものが出てくるときがありますよね。
親切に殻をむいてあったりしますが・・・

バーのようにしたいなら
フライパンで煎ってみてくださいね。
こちらの方が殻が剥きやすいかもしれません。

また、 かぼちゃのワタの部分には、
かぼちゃの実の5倍ものβ-カロテンが含まれている
ので、捨てないようにしましょう。

皮の部分も同じです。
固いので、つい取ってしまいたくなりますが
絶対ダメ、β-カロテンの大損です。


皮には実の約26倍のβ-カロテンがあるんですよ。

かぼちゃのこうした部分も、
もう食べない理由はないですよね。

(参考:『その料理、9割に栄養を捨ててます!』東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部監修 世界文化社出版)

さいごに

カボチャのβ-カロテン3.5倍にする方法
日持ちと保存と種・ワタ・皮についてご紹介しました。

カボチャを日持ちさせるには種・ワタを取り除く・・・
でしたね。
だから、捨ててしまう方がほとんどです。


でもβ-カロテンやルテインの数値が
わかるとむやみに捨てられなくなりませんか?

女性にとっても美容に、健康にと、
嬉しい成分がいっぱい!

煮物など手のかかるものは
やってられないとは思いますが、
カボチャは、煮物のなかでも比較的早く煮えます。

おいしい緑黄色野菜ですので、
これを機会に大地の奇跡でご家族の健康を補ってくださいね。

さいごまでお読みいただき、
ありがとうございました。


スポンサーリンク

コメント