グルメ

リュウジさんの至高のフライドポテト作った 特別保存版になるこれ!

目安時間 8分

リュウジさんのレシピでじゃがいもはバズってますね。

【至高のフライドポテト】も美味しかったのでレシピを特別保存版にしました。

美味しさの秘密は、じゃがいもに衣をつけて揚げること♪

 

外側がパリッとして中はほっくり^^

ギトギト感がまったくなく、

さっぱりしているので、おつまみに、付け合せにと大活躍です。

 

そこで美味しさのコツがいくつかありましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

リュウジさんの【至高のフライドポテト】レシピ

【至高のフライドポテト】の材料
    • じゃがいも 2個(400gほど)
    • にんにく  4、5片
    • 薄力粉   大さじ1半
    • 片栗粉   大さじ1
    • サラダ油  適量
    • 塩     小さじ1/2
    • 味の素   7振り
    • バター   10g
    • ホワイトペッパー 6振りほど
    • パセリ   適量

 

【至高のフライドポテト】の作り方

【下準備】

(1)じゃがいもを切る

じやがいもは、よく洗い皮付きのまま、1cm角くらいの棒状に切ります。

 

(2)じゃがいもは、2回水に晒す

ベタつかないようにするため表面のデンプンを取ります。

1回目は、水を張ったボールにじゃがいもを入れ、よく混ぜると白く濁ってくるので、これを捨てます。

2回目は、水を取り替えて15~20分ほど晒してでんぷん質を取ります。

 

時間になったら、じゃがいもをザルに上げ、キッチンペーパーで水気を切っておきます。

 

バズレシピポイント!

じゃがいものデンプンをしっかり取るのがコツです。

 

(3)ニンニクは、上から軽く潰しておく

よい香りが出るように包丁を平らにおいて上から軽く潰しておきます。

 

(4)衣をつくる
薄力粉   大さじ1半
片栗粉   大さじ1

 

ボール

ボールに粉類を入れて混ぜて、水気を取ったじゃがいもを加え、まぶしていきます。

ボールをフライ返しするように振ると混ざります、と。

リュウジさんは簡単に手際よくやって、キレイに衣がつきましたが、わたしはぶきっちょで均等に粉が混ざらなく、難しかったです。

わたしだけかもですが・・・。

 

【作り方】

① フライパンを用意

フライパンのイラスト画像

じゃがいもとニンニクをフライパンに入れる

フライパンにじゃがいもを入れる

 

バズレシピポイント!

この時点では、ガス火やサラダ油はまだです。

冷たいフライパンにじゃがいもとニンニクを入れます。

 

② その上からサラダオイルをかける

サラダオイルの量はじゃがいものカサの半分くらいがいいです。

 

③ ガスを点火する

油の温度が上がるまで強火、次は中火、しゅわしゅわとなってきたら

フライパンでじゃがいもを揚げる

 

中火の弱火にし、空気に触れさせながら10分ほどじっくりあげていく。

・箸でかきませない

・フタをしないようにします。

スポンサーリンク

 

10分たったら、強火にし、

混ぜながら(ここからかき混ぜてOKです)

カリッと色付かせます。
この間、5分ぐらい。

 

バズレシピポイント!

最初は低温でじっくり揚げ、
最後は高温で混ぜながら揚げるのがコツです。

フタをしないで、空気に晒しながら揚げるのもカラッとなる重要なコツになります。

 

④ ニンニクを取り出しておく

ニンニクは、焦がすと味が落ちるので先に取り出しておきます。

 

⑤ じゃがいもにやき色がついた部分から、ザルに取り上げていく

 

⑥ ジャガイモとニンニクをボールに入れ、調味料をあわせる

塩:小さじ1/2

味の素:7振りし

バター:10gを加え、よく混ぜます。
ホワイトペッパー(ブラックでも全然OK)を振ります。

 

⑦ 完成

お皿に盛って、パセリを振れば完成です。

 

至高のフライドポテト実食!

フライドポテト盛り付け

我が家のこの日のメニューは、クリームコロッケでしたので

至高のフライドポテトは、付け合せにしました。

 

フライドポテトの実食感は、冒頭でもお伝えしましたが

外がカリカリ「カリッ」音が聞こえるほど、歯ごたえがあり、

次の瞬間、ホクホク感が口いっぱいに広がって美味しかったです。

 

塩味も程よくスパイシーな風味で癖になると家族にも好評でした。

 

ニンニクも美味しくっておいしくって・・・。

何個でも食べられちゃうほどです。

口臭が気にならないのが不思議でした!

 

ただ、リュウジさんのフライドポテトは、もう少し柴犬色でしたけど、うちのガス台は、揚げ物センサーが付いていて、高温だとすぐに火が止まってしまうタイプなので、色目が均一になりませんでした。

 

なので、できれば柴犬色になるまで、しっかり揚げたほうがもっと見た目がキレイで食欲が増すと思います。

 

ちなみに揚げきるまで17分かかりました。

 

リュウジさんの【至高にフライドポテト】の動画はこちらからご覧いただけます。

 

また、「リユウジさんのおろし金や買って損しない調理道具6選ご紹介!」

↑では、リュウジさんが実際に使っている調理道具を見ることができます。

 

さいごに

リュウジさんの至高のフライドポテト作った 特別保存版のこれ!

をご紹介しました。

 

料理研究家リュウジさんのレシピは簡単で美味しいですよね。

 

それに安価でできるのがとっても気に入ってます。

ぜひ、あなたも衣のついた【至高のフライドポテト】作ってみてくださいね。

ビールのおつまみやお子さんのお三時には、早い者勝ちになることでしょう♪

 

 

さいごは、テストする雑誌『LDK』で紹介された久世福商店をご紹介します。



↑ 日本中のお酒や
日常使いのこまごましたモノまで
ほぼなんでも揃ってしまう今人気のお店です。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ドンマイ! カイナ
ドンマイ! カイナ

1940年生まれ、O型の私、主婦の立場で生活に役立つ情報を発信しています。人生ドンマイ! なにごとも楽しみながら過ごせたらうれしいですね。これからもよろしくお願いいたします。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

 最近の投稿
  よく読まれている記事
  アーカイブ