リュウジさんの豆腐チャーハン作り方 美味しくて低糖質なのでダイエットにオススメ!

ハウツウ

リュウジさんの豆腐チャーハンをランチに作ってみました。

美味しかった!!
ごちそうさま、
って思わず言ってしまいました。

豆腐は
植物性たんぱく質で脂質が多く、
肥満解消、コレステロール値の低下、動脈硬化などに効果的といわれていますよね。

そんなリュウジさんの豆腐チャーハン、
美味しくて低糖質です。
私のようなダイエット中にも最適と思いました。

そこで
リュジさんの豆腐でチャーハンの作り方をご紹介します。

スポンサーリンク
【PR】ANAのふるさと納税 マイルが貯まる

リュウジさんの豆腐チャーハンの作り方

リュウジさんの豆腐チャーハンの作り方

【材料】
木綿豆腐…1丁
豚こま … 60g(下味は塩、コショウで)
卵 … 1個
長ネギ …1/8本(小口きり)
紅生姜… 少々
になります。

調味料は作りながらお伝えしていきますね。

【作り方】

1,豆腐の水分を飛ばす

フライパンは、油を引かず、豆腐を入れて水分を飛ばしていきます。
フッ素加工のフライパンは、強火は禁物なので火加減は中火にしています。

リュウジさんの豆腐チャーハンの作り方

ヘラで豆腐を潰しながら水分を飛ばしていきます。

リュウジさんの豆腐チャーハンの作り方

結構ある豆腐の水分ですが、
10分ぐらい煎っていくと飛びます。

豆腐がポロポロに、お米みたいな感じになってきました↓
ちょっと焦げ目がつくぐらいまで煎ります。

火を止めて、煎った豆腐は
いったん別容器に移しておいてください。

リュウジさんの豆腐チャーハンの作り方

2,豚こまを炒める

フライパンに、大さじのサラダオイルを引き豚肉を炒めます。

リュウジさんの豆腐チャーハンの作り方

3,卵を加える

豚肉が色が変わってきたら
卵を溶いて加えます。

スポンサーリンク
リュウジさんの豆腐チャーハンの作り方

4,豆腐を戻し、調味料を加える

味の素8振りし、
塩(小さじ1/3)、コショウ(適宜)を振り、豆腐の味を整えます。

5,長ネギ(小口切り)を加えるタイミングはここです。

追いコショウします(お好みで)。

最後は、この2つの調味料を加えていきます。
酒(大さじ1)を振り、
ごま油(小さじ1or1半)を加えてサッと炒めて、完成です。

と、ご想像のとおり
ネギのシャキシャキ感と
ふわっとしたごま油の香りたつ豆腐チャーハンが完成しました。

【盛り付け】

お皿に盛り付ける時は、
どんな方法でも良いですが、

リュウジさん流は、お見せ屋さん風!

できた豆腐チャーハンをお椀に入れます。
ちょうどピッタリ入りました。

お皿をかぶせ、ひっくり返せばきれいに盛り付けることができます。
紅生姜(お好みですが)を添えてお召し上がりくださいね。

豆腐チャーハン完成画像

豆腐チャーハン食べてみた感想!

冒頭でもお伝えしたとおり、
美味しくて、ボリュームもあるに、一度に完食してしまいました。

これが、豆腐とは思えないほどお米チャーハンみたいです。

お米と違うところはベタつかないこと。
ネギもしゃきっとして食べやすいです。

ネギとごま油の香りもごちそうでした。

材料費も100円代と低コスト!
作り方も簡単!
調味料もいつもあるものばかり!

これ一皿でお腹がいっぱいになるなんて、
極楽、極楽です。


リュウジさんは
・お好みで生姜を入れてもOK
・追いコショウもOK
・ラー油も合う
とのこと。

味変も楽しめるのが、自宅調理のよいところですね。

自宅調理といえば、
リュウジさんの料理は、フライパン使いが多いです。

フッ素加工のフライパンをお使いなら消耗が早いのも悩みの種ではないでしょうか?
そんなときは『LDK』のテストで1位~3位のフライパンが参考になります。

まとめ

リュウジさんの豆腐チャーハン作り方 低糖質なのでダイエットにぴったり!
をお伝えしました。

リュウジさんの豆腐チャーハンはご覧のように、作り方は簡単でした。

栄養たっぷりといえども
豆腐一丁を食べるのは
冷奴では、途中で飽きてしまいそう。

リュウジさんの豆腐チャーハンなら
美味しいので、あっという間にお腹におさまります。

低糖質なのも魅力。
太る心配もないので、ぜひ、作ってみてください。

【参考】リュウジさんの豆腐チャーハン

また、味にこだわる人にオススメなのが、リュウジさんが飲んでいるようなお酒や食材が居ながらにして届く便利なサイトもご紹介しておきます。

スポンサーリンク

コメント