ハウツウ

ビストロ内蔵レシピ茹で野菜(根菜)の作り方 ラップなしでもできるっ


ビストロの内蔵レシピで茹で野菜が簡単にできるんです。
メインのお料理を調理しながら付け合せが用意できたらうれしくないですか?

ビストロ内蔵レシピだと、メチャクチャ簡単で美味しくできます。
ラップをするのが普通ですが、ラップなしでもできちゃいます。

これから、電子レンジを購入したいと
思っている方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

ビストロ ゆで野菜(根菜)リアルレポ

画像のように種類の違った根菜を茹でてみますね。
皮付きの材料は、よく洗い、耐熱皿に置きました。

皮付きのままだと、栄養価が閉じ込められ、冷めてもおいしいです。

茹で方は、ビストロのダイヤルを6にセットするだけ
この6という数字は、6分という意味ではありません。
茹でるという調理法の数字です。

 

ちなみに
私のビストロは、 NATIONALのNE-W230型 。
5番が、茹で葉果菜
6番が、茹で根菜
というように、2通りに分かれているのでとっても使いやすいです。


スタートボタンを右に回すと出て来る数字、
今回は「6」を確認しましょう。

 

ちなみに、スタートボタンは、右下にあります。

 

右に回すと自動、
左に回すと手動で
オーブン・グリルで多彩に調理ができるようになってます。

温めのような電子レンジの役目 は、
スタートボタンを回さず押しだけです。

 

さて、
ダイヤルを6に合わせる
音声で
「給水タンクの水を確認してください」
というメッセージがでます。

給水タンクの水を満タンにしたら
スタートボタンを押せば上画像のように
スチームが出て勝手に調理してくれます。

出来上がりは、自動で切れます

今回は、18分で出来上がりました。
出来上がり時間は茹でるものの総量で決まります。

竹串を刺して、ゆで野菜の状態をみてみると
どれもスーと通り、茹で加減もいい感じです。

盛り付け、超ヘタすぎでしたね(><;)
おいしそうに見えませんが、
シンプルにいただくだけでも
素材の甘味が感じられて、じつに美味しいのでびっくりですよ。

 

茹でている間に
たれやグラタンクリームなど用意しておくと
あっという間に、家族を待たせない料理ができあがります。

なかでも、玉ねぎが甘くってとろける美味しさです。
冷めても、ピザ用チーズを振りかけて、
もう一度トースターで焼け目をつけると、またまた美味です。

お肉の付け合せに、
温野菜サラダに、
一品料理にと
内蔵レシピの茹で機能は
料理の幅が広くなるので使わなくては損します。

スポンサーリンク

ちなみに、このスチームオーブンレンジは、NATIONALのNE-W230型。
パナソニックでないところが、古さバレバレですね(*^^*)
けど毎日何度も使っているのに壊れないんですよ。

今は最新!!
性能がアップしています。
↓↓↓

 

 

ビストロ内蔵レシピで茹でた野菜(根菜)のメリットとは?

・ラップなしでも超ヘルシーな蒸し根菜ができる

ビストロ内蔵レシピは取扱説明書では
茹で根菜は、ラップするよう記載されています。

今回は
ラップなしでつくってみましたが、スチームが出るタイプのオーブンレンジだったので、たまたま美味しくできました。

 

この記事の読者さんへ

ラップあり、なしについてはご使用のオーブンレンジの取扱説明書に準じてくださいね。

カラカラになり、食べられないものができたら損しますものね。


茹で野菜という、蒸し野菜ができました。
狙い通りの蒸し温野菜です。

ただ、人参は熱が入りすぎ、
皮が剥けにくい状態になりましたが、皮ごと食べれば全然OKです。

なので、皮付きにするのがベター。
素材のおいしさをとことん味わうことができますよ。

栄養面でも根菜に含まれているビタミンの多くは水溶性、
普通に茹でると栄養が茹で汁に溶け出てしまいます。

その点、ビストロは、スチームで茹であげるので
野菜の栄養素をまるっと確保できます。

 

・忙しい方には嬉しい時短と節約!

 

根菜を水から茹でたり蒸し器で蒸したりすると20~30分かかります。
ビストロなら18分。忙しいときの時短は2分でも貴重ですよね。


・ビストロの内蔵レシピなら迷わない!

500Wにしようか?
600Wにしようか?
とか、何分加熱したらいいのか?
なんて、迷うことはありません。
やりたい番号に合わせてボタンを押すだけです

ビストロは温めばかりで使うと損っ!

ビストロは、温めばかりで使うと損です。

ビストロは、体のことを考えたヘルシー料理が得意です。
スポンジケーキもきれいに焼けます。

内蔵レシピを使わない調理だってカンタンです。

 

さいごに

今回は、ビストロ内蔵レシピの
ゆで野菜(根菜)ラップをしない場合の
リアルレポをお伝えしました。

 

実際はラップしたほうがいいです。

ラップを切らしたときのみお役立てください。

時短で美味しくできるので、
そのままシンプルに味わったり、
メインのお料理ができるころ
付け合せの根菜もできてしまうことが
お分かりいただけたと思います。

それに、ビストロは、
約10分という時短でできるごちそうが多いので
温めばかりで使っては損です。

新しくスチームオーブンレンジを購入しようか、
お考えの方は参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ドンマイ! カイナ
ドンマイ! カイナ

1940年生まれ、O型の私、人生ドンマイ! なにごとも楽しみながら過ごせたらうれしいとブログに挑戦、ブログという特技を手に入れることができましたので、主婦の立場からお買い物で失敗しないための情報をお届けします。このブログがあなたのお役にたてば嬉しいです。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント

 最近の投稿
  カテゴリー
 管理人

ドンマイ! カイナ

ドンマイ! カイナ

1940年生まれ、O型の私、人生ドンマイ! なにごとも楽しみながら過ごせたらうれしいとブログに挑戦、ブログという特技を手に入れることができましたので、主婦の立場からお買い物で失敗しないための情報をお届けします。このブログがあなたのお役にたてば嬉しいです。