MONOQLO

MONOQLOのソロ&デイキャンプ最低限必要な22用具のうちタープ設営など4アイテムご紹介!

MONOQLOのソロ&デイキャンプ用具 タープ設営など最低限必要な4アイテムご紹介!

ゴールデンタイムのソロキャンプ♪ 『MONOQLO』検証のキャンプ用具をご紹介しています。今回はタープ設営住環境編です。

 

 

商品をテストする雑誌『MONOQLO』に、ソロでデイキャンプする際の最低限必要な用具(22アイテム)が紹介されていましたので情報をシェアしています。

 

 

ソロでデイキャンプなので、日帰りの一人旅、都会の喧騒を抜け出して、新しいキャンプの楽しみ方です♫

 

・タープ設置など住環境用具4つ→ 現在はここ!

チェアなどくつろぎ用具6つ

バーナー、食器、雑貨など12つ

必要最低限ではないエンタメアイテムなど5つ

 

 

このページの内容

テント設営住環境編は4アイテムご紹介!

キャリーバッグ SWISSWIN

タープ FIELDOOR

ポール FLYFLYGO

ハンマー キャプテンスタッグ

詳しくは本文をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

MONOQLOのソロ&デイキャンプ用具/テント設営住環境4アイテムご紹介!

ソロでテイキャンプ!

 

この記事は、『MONOQLO』2022年6月号「ソロ&デイキャンプ入門♪」を参考にしています。

↑Amazonに飛びます。

 

『MONOQLO』は無料で読むことができます。

 

 

お待たせしました。

まず最初は、ソロ&デイキャンプに最低限必要な22用具が入るキャリーバッグからご紹介していきます。

『MONOQLO』の検証では、余裕で食材も入れることができます。

 

 

キャリーバッグ/
SWISSWIN SWO92806N

↑48Lキャリーバッグ、Amazonに飛びます。

『MONOQLO』2022年3月号、アウトドア向けキャリーバッグ部門でベストバイを獲得しています。

 

 

【商品詳細】
サイズ:W350✕D190~320✕H500~1070mm

重量:約3.5kg
容量:約48L

 

 

ベストになったワケ!

  • 岩場の段差を引いて歩くなど、厳しい環境での使用に耐えた
  • 48Lでソロ&デイキャンプグッズもラクラク入る
  • 3つの収納スペースがあり整理しやすく、リユックとしても普段使いができる

 

 

「ソロ&デイキャンプ入門♪」では、この48Lキャリーバッグ1つにキャンプグッズ全部を詰めて、キャンプを実行した様子が画像で載っています。

 

ただ、SWISSWIN SWO92806Nは、残念なことに楽天、Amazonでも入荷の予定が立たないほどの人気っぷりで、ここではご案内ができない状態です。

 

 

お急ぎならば、下記他のキャリーバッグをご確認ください。

 

 

チェック

▶ Amazonの48Lキャリーバッグ&リュックを見てみる

 

タープ/
FIELDOOR スクエアータープ Sサイズ

↑Amazonに飛びます。

 

 

ベストになったワケ!
  • 遮光性&防水性に優れている
  • 設営&撤収がしやすい
  • アレンジ自由
  • 軽量で持ち運びラク

 

しっかり目のポリエステル生地で、裏地はシルバーコーティングしてあり、雨にも強く、紫外線予防になります。

 

【商品詳細】

サイズ:本体:(約)280cm×280cm

収納時:(約)φ14cm×25cm

重量:(約)1.3kg

材質:ポリエステル

耐水圧:1,500mm以上

スポンサーリンク

付属品:

・本体×1

・ペグ×8

・ロープ×8

・専用キャリーバッグ×1

・取扱説明書(日本語)

特記事項:テントポールは付属していません。

 

■FIELDOOR スクエアータープ Sサイズ

【出典】『MONOQLO』2022年6月号

 

チェック

▶ 【Amazon】タープ・テントを見てみる!

 

 

ポール/
FLYFLYGO アルミポール

↑Amazonに飛びます。

 

FLYFLYGO アルミポールは、『MONOQLO』のベストバイを獲得(2022年6月号)しています。

 

タープを立てるときに必要なポール♪

タープセットで一緒に買えばいいんじゃないの、ってめんどくさがりやのわたしは思いました。

 

しかし『MONOQLO』さんの考えは違ってました。

 

タープ&ポールを別々に買う理由

セット買いは大きくかざばるモノが多いうえ、価格も高めの傾向なので、別々に買うことにする。
【出典】『MONOQLO』2022年6月号

 

『MONOQLO』ではタープ5製品を検証した結果、先にお伝えしたとおりベストバイは、FLYFLYGO アルミ テントポールになりました。

 

 

ベストになったワケ!
  • 圧倒的コスパの優秀ポール
  • ぐらつきがほぼない安定性
  • 4段階の分割式で大型タープもOK
  • 設営簡単、片付けも分解するだけ
  • アルミ合金で軽量

 

 

【商品詳細】

  • 直径は19mm
  • 材質はアルミニウム合金です。
  • サイズ :約(径)19mm×高さ192cm(38.5cm*5節)x1本
  • 2本セット
  • 収納サイズ :44cm✕13cm
  • アルミの厚さ:1mm。
  • ペグ:スチール製4本
  • ロープ:8m/本x2本

 

 

■FLYFLYGO アルミ テントポール

 

 

チェック

▶ 埼玉県のキャンプ場はこちら【楽天】
▶ 首都圏キャンプ場のご案内【楽天】

 

ペグ抜きハンマー/
キャプテンスタックがおすすめ

↑Amazonに飛びます。

 

固い地面にペグを打ち込むときに便利なハンマーですが、『MONOQLO』推奨は、キャプテンスタッグの鍛造(たんぞう)ペグ抜きハンマーです。

 

 

オススメのわけ!

打つ、抜く、掘ることがこれ1本でできる優れもの♪

 

ハンマーの反対側は、鍬(くわ)状になっていて、柄の先にはペグ抜きがついているため、3役をこなす多機能ハンマーだからです。

 

固めの地面に30㎝ペグを打っても、サクサク入り、設営がラクになります。

 

【商品詳細】

  • 製品サイズ(約):40×120×全長315mm
  • 重量(約):490g
  • 材質(品質)
    頭部:炭素鋼
    柄:天然木
    ペグ抜き:鉄
    紐:ポリプロピレン
  • 原産国:中国

 

■キャプテンスタッグ ペグ抜きハンマー

【出典】『MONOQLO』2022年6月号

 

 

チェック
▶千葉県キャンプ場ご案内【楽天】 

▶神奈川県キャンプ場ご案内【楽天】

 

まとめ、MONOQLOのソロ&デイキャンプ用具 テント設営住環境!

『MONOQLO』さんのソロでデイキャンプ用具!
今回はテント設営住環境4アイテムをご紹介しました。

 

『MONOQLO』では、ソロ&デイキャンプの実際に行われた様子が画像で見れます。

10:00 彩湖 道満グリーンパーク

10:30 タープから設営開始
約20分でひとりで完了しています。

 

このページでのご案内はここまでですが、

次は、いよいよチェアなどくつろぎタイムのご紹介です。

 

テレビや動画で見る焚き火も一度はやってみたいですよね。

「最低限必要なくつろぎアイテムベストバイ」でご案内いたしますね。

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

ドンマイ! カイナ
ドンマイ! カイナ

1940年生まれ、O型の私、人生ドンマイ! なにごとも楽しみながら過ごせたらうれしいとブログに挑戦、ブログという特技を手に入れることができましたので、主婦の立場からお買い物で失敗しないための情報をお届けします。このブログがあなたのお役にたてば嬉しいです。

コメントフォーム

名前 

メールアドレス (公開されません)

URL (空白でもOKです)

コメント