シリコーン伸びラップがダイソーに  ラップ使いが激しい人の節約術

100均

シリコーン伸びラップが
ダイソーにあったので
使ってみた実感をお伝えしています。

ラップ使いが激しい私は、
なんとか節約できないものかと考えていました。

シリコーン伸びラップを使ってみて、
繰り返し使えるのでやっぱり経済的。
節約ができたと、思っています。

今までのラップにはない
多目的な使い道もあったので、
あると便利なアイテムでした。

そこで、
ご購入を予定されている方に
注意した方が良いことや、デメリット、メリットをお伝えします。

<!–more–>

購入するときの注意点

購入するときの注意することは、シリコーン伸びラップのサイズです。

なぜなら、
使うものに合わせて購入することが望ましい
からです。

ダイソーのシリコーン伸びラップはサイズが決め手!

切る長さを調節できるラップとは違い、
ダイソーのシリコーン伸びラップは
サイズが、S、M、LLと決まっています。

S:10✕10㎝ 2枚入り 100円+税
(直径約12㎝までの容器に対応しています)

M:16✕16㎝ 1枚入り 100円+税
(直径約18㎝までの容器に対応しています)

LL: 20✕20㎝ 1枚入り 100円+税
(直径22㎝までの容器に対応しています)

つまり、ラップするものは
各サイズより小さいものしかラップできません。

なので、ご購入の際は、サイズが決め手です。

シリコーン伸びラップのデメリットとメリット

続いてデメリットとメリットをお伝えしていきますね。

2つのデメリット

ダイソーのシリコーン伸びラップ使ってみて不便だったことは、

・思ったよりも伸びない
・洗ったり、乾かしたり、保管するのが面倒
と、2つをデメリットにしました。

どんなことかというと、

中ボール(直径22.5㎝)に、
ラップするつもりで
LL(直径22㎝まで)を購入しましたが、
たった5mmの差でしたが、思うように伸びなくて、断念!

いつものどこでも切れるラップを使うことに・・・
せっかくそれ用に買ったのに、ちょっと残念でした。

もう一方のデメリットは

シリコー伸びラップは、
繰り返しつかうので
洗ったり、干したりしないといけないのでひと手間かかります。

清潔も、乾燥も必要だからです。

スポンサーリンク

結局、ふきん掛けで干し、
完全に乾いたら、タッパーに入れて保管することにしました。

なので、洗ったり、乾かしたり、保管するのが面倒です。

5つのメリット

主な5つのメリットをご紹介しますね。

  • 容器にぴったり吸着します
  • 繰り返し使えて経済的です
  • 熱に強いのでレンチンできます
  • すり鉢などの敷物として使うとスベリ止めになります
  • 瓶のフタがきつくて開けられないときは、オープナーの役目をします

と、今までのラップでは出来ない働きをしてくれます。
あると便利なアイテムです!

せとものの器にラップしてみた!

上記画像は、せとものの器(直径13㎝)に、サイズLLをラップしました。

せとものにもぴったり張り付きます

これなら
冷蔵庫内のニオイが移ることがないので、
中のかぼちゃも美味しさが持続します。

また、
タッパーに移し替える必要がないので、
洗い物が少なくてすみます。

さらに
シリコーン伸びラップは熱に強いので
このまま電子レンジで温められますし、そのまま食卓にも出せます。

と、いいなと思うことが多かったです。

ただ、シリコーン伸びラップのニオイですが、
最初下ろしたては、樹脂のニオイがきついです。

そのニオイも
3~4日できれいに消え、無臭になるので安心してくださいね。

さいごに

シリコーン伸びラップがダイソーに、
ラップ使いが多い人の節約術をお伝えしました。

シリコーン伸びラップ は
通常のラップ以上の
いろいろな使い方ができて、
あると便利なアイテムということが
お分かりいただけたと思います。

残り物の入った器ごと
電子レンジでチンすることも可能ですし、

残り物をタッパーに
移し替える手間も省け、
さらに洗う水道代も助かる
というものでした。

デメリットもあるシリコーン伸びラップでしたが、
商品のパッケージにあるように、繰り返し使えてほんとに経済的です。
節約を考えるなら、ラップ使いが激しい方におすすめです。

この記事が、ご購入をお考えの方の参考になれば嬉しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

今日もあなたの一日が幸せでありますように♪

スポンサーリンク

コメント